--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-31

ピアノ暦①

こちら北国では、朝晩めっきり冷え込んでまいりました・・・
と天候について書いてしまうくらいネタも尽きてきましたので、
今日はピアノ暦なんかを綴ってみようかなと思います。

ピアノを始めたのは小1でした。
両親によると、「○○ちゃんが習っているので私も~」とおねだりしたそうです。
良くあるパターンですね。そういえば、けっこうしつこくねだっていたような・・・。
「毎日30分は練習すること」を条件にOKが出てアップライトを買ってくれました。

ピアノがやってきた日の事は良く覚えています。
黒くてピカピカしていてすご~く嬉しかったです
早くレッスンに行きたくてたまりませんでした。

その後は週に一度いそいそとレッスンに通い始めたのですが、レッスン中に弾きながら眠ってしまい、先生に「大丈夫・・・?」と心配されたこともありました。

初期に使っていたのは「メトード・ローズ」と緑色の「ピアノのテクニック」でしたが
引越しが多く先生が変わるたびに教本も変ったので、、
改めて昔の教本を見ても「こんなの弾いたっけ・・・?」というものも多いです。

中二までYAMAH○に通いグレードも受けましたが、何級かは全然記憶になく・・・。
発表会も出ましたが、弾いた曲の記憶が全くありません。
母親がすんごいドレスを買ってきて、一人浮いてしまって恥ずかしかった記憶はありますが

生意気にも、一度だけ先生をチェンジしてもらったことがありました。
明確な理由は覚えていないのですが、何だか生真面目なレッスンが性に合わなかったからのような・・・。
男性の先生だったのですが、女性の先生に変えてもらいました。
今思えば、親もその方が安心だったのではないかと・・・。

中二の時に両親が念願のマイホームを購入
定住してからは個人の先生にレッスンを受けるようになりました。
音大をでて間もなくの優しいお姉さん先生で、中三の受験期間以外は相変わらずいそいそとレッスンに通い続けていました。
「もう着なくなっちゃったから~」をお下がりの服をくださったり、ピアノ以外でも可愛がってくださり、レッスンに行くのが楽しみでした。

しかし高二のある日、あの優しかったお姉さん先生が豹変したのです!
なぜかというと・・・

長くなるので・・・次回へつづく
スポンサーサイト

2009-08-30

横山幸雄氏コンサート

7月末に横山幸雄さんのコンサートへ行ってきました。
オールショパンプログラムという、私の大好物

全席自由、ということで早めに並び、手元、足元、体の動きが全部見えそうな席をゲット!
横山氏が現れ、ご挨拶のとき、
・・・あ、真正面・・・何かハズカシイ・・・
自意識過剰でしたね。スミマセン。

曲目は
 バラード第1番 Op.23
 2つのノクターン Op.27
 即興曲第1番 Op.29
 幻想即興曲 Op.posth66
 スケルツォ第2番 Op.31

休憩を挟んで
 24の前奏曲 Op.28

アンコールに
 革命
 ノクターン 遺作
 子犬のワルツ

メジャー曲満載でお腹いっぱいでした!(もちろん良い意味で)

とにかく音色が多彩で圧倒されました!
特に前奏曲最後の一音!深~い重~い、私には出せないであろう音・・・。
トリハダものでした。

休憩中に隣の席の老婦人のかわいらしい会話・・・。
「すばらいわね~、ホントにすばらしいわ~。特にほら、あの、ショパンのねぇ~」
えっと・・・幻想即興曲かなぁ・・・?
お連れの方に「全部ショパンだけどね・・・」とツッコミを受けておられました。


横山氏といえば、こちらで一方的にお世話になっております。
            ↓
上野学園大学コラボレーション企画「ショパンのエチュードを弾こう!」
http://www.uenogakuen.ac.jp/12etudes/index.html

横山氏のレッスン風景が見られて、とってもためになります。

「先生、ありがとうございました・・・」と心でつぶやきつつ大満足で家路につきました。
CDもいいけど、やっぱりコンサートもいいなぁ~と再確認できた日でした

2009-08-29

フォーエバーMJ・・・

去る6月26日朝、信じられないニュースが・・・。

「マイケル・ジャクソンさんが亡くなりました」

・・・!!・・・!!・・・!!

「えっとぉ~、またガセネタだよね~。」
「でもNHKでやってたよ~。」
「え~、でも7月にロンドン公演するって言ってたし~。」

朝から出かける予定があったので、
外出中はそんな独り言が頭の中をグルグルと渦巻いておりました。
帰宅してテレビ、新聞、ネットを見てもやっぱりその記事でいっぱい。
夜には素早いフジテレビで追悼番組・・・。

それでもまだ私の脳ミソでは1週間ほど理解不能なのでした。
そう、何を隠そう(隠していませんが)私はかなりのマイケルファン。
それからしばらくはCD&DVD鑑賞で追悼&喪に服しておりました。

マイケル・ジャクソンって、フォー!!とかアォ!!
とか言ってムーンウォークする人でしょ?
くらいにしか思われていないのかも知れませんが、
そんなアナタにお届けしたい1曲、「Heal the world」です。

最初の部分にマイケルのハイトーンボイスでメッセージが入っていますが、
英語わかんないし・・・という方は1分後くらいから本編が始まります。

[高画質で再生]

heal the world


「これから生まれてくる人たちのために、より良い世界をつくっていこうじゃありませんか」
というメッセージソングなのですが、
・・・何度見ても泣ける・・・。
あ、スミマセン、つい・・・。

近年は好きなように報道されるゴシップ先行で
変な人イメージが強いのがとっても残念ですが、
一貫して「LOVE&PEACE]を訴えていたのですよね。ステキです

今日はそんなマイケルさんの51回目のお誕生日なので、記事にしてみちゃいました。

ピアノでマイケル代表曲のひとつ、
「we are the world」の耳コピをしようと思っているのですが、道のりは遠い・・・。
・・・楽譜、ないのかなぁ?

2009-08-28

指回り 10-4①

ブログを始めたばかりなので、張り切って毎日更新♪していたのですが、
昨日の夜、パソコンの電源を切ってしばらくすると・・・

ミシッ・・ミシミシッ・・・バキィッ!!!とすごい音がしました!!
爆発するのかと思いましたよ、いやホントに。

ヒヤヒヤしながら一夜を過ごし、
今日パソコンを開くとウィ~ンと正常に動き出してひと安心しました。
ちょっと張り切りすぎたかなぁ~。でも最初だけですから。


さて、去年の暮れにピアノを久しぶりに再開して昔の曲を掘り起こしたりしていたのですが、
・・・指、回ってないよね?きちんと回ってないよね?
こりゃあ、何かエチュード系もやらねばなぁ~、
でも、ツェルニーさんはタイプじゃないしぃ・・・クラーマーさんもちょっとね・・・。

やっぱりショパン先生でしょ
という事で両手を満遍なく使うNo.10-4に決定!
のだめちゃんでお馴染みのあの曲です。

楽譜を開き、「う~ん、黒いなぁ・・・」
エチュードだから当たり前ですね。

弾き始めて3小節目

「うっ・・・!!」
10-4(1).jpg

「ななな何だろう、この音型は・・・。」
「あの速さでこれを弾くのか・・・??」

続いて11小節目にも

10-4(2).jpg

微妙に違うのね・・・ヒドイや・・・
早くも心が折れそうです・・・。

その後も
「ちょっと転調しすぎなんじゃないですか?
などクレームをつけながらも、騙し騙し最後までたどり着きました。

まだまだ怪しいところ満載ですが、
確実に指回りは良くなりました!手首も柔らかくなってきました!
ありがとう、ショパン先生

※最後までたどり着いたというだけで、きちんと弾けているわけではありませんのでご注意を。

2009-08-27

ヨガに行きました

週に1度ヨガに通っています。
といっても、昨日2回目だったのですが。

友人が数年お世話になっている方のところへ一緒に行くことになりました。
先週、1回目を受けましたが、後日先生が
「彼女(私)はぁ~、・・・日本人・・・?」
と友人に聞いていたそうです。

・・・いいんです、慣れました、もう。
父も母も純日本人ですよぅ!!

まぁ、それはいいのですが、
前方に手をついて手足を踏ん張るポーズ(横から見ると三角形になる)のとき、先生が
「手と足が体に埋め込まれるように~」
とおっしゃいます。

・・・意味が分かりません!!と1回目は思っていたのですが、
昨日は「あ、こんな感じかな?」とちょっと分かった気分になりました。

ちょっとスッキリして一晩眠り、今日少しピアノを弾いてみると、

何か弾きやすくなってるよ?

すごいね、ヨガ!!先生ありがとう!!
あなたについて行きます

2009-08-26

譜読みはじめました 舟歌①

ただ今ショパンの舟歌をコソ練しています。
・・・といってもレッスンを受けていないので、すべてコソ練になる訳ですが

頂いた楽譜を持っていたのですが、ウダウダしているうちに時は過ぎ、
「8月になっちゃったなぁ~。今年中には弾けるようになりたいなぁ~。」
と思い、1日1ページノルマで本気譜読みを始めました。

「え~と、何調だったっけなぁ~」

ぎゃぁ~!!

舟歌(1)

#が6つ・・・。
えっと~、トニイホロヘ~、嬰へ長調か・・・。
ミがシャープだからファで~、シはそのままだからシで~、
白鍵はファとシだね!

・・・と弾き始めるも、
「ミはファなんだってば!シはシのままなの!」
と、何とも混乱するのでした。

う~ん、何とも難しいですね!
重音多すぎですよ!ショパン先生!
トリルも重音ですか!装飾音もこんなに~!
ちょっと、先生~!ショパン先生~!!

・・・沈没・・・

あ、でもだから美しい曲なんですね。

ゆっくりながらも弾いていてウットリする響きがいっぱいです

まだまだドンブラコッコと沈没しそうな船旅ですが、
今年中には優雅なクルーズができるように練習していきます。

2009-08-25

ブログはじめました

はじめまして、Soleilです。

かなりのブランクを経て、2008年の末にピアノを再開しました。
現在は独学でのんび~り弾いています。

最近、引っ越したのを機にブログも始めてみました。
ピアノの事や日々のことを綴っていこうと思います。

の~んびりやっていきますので、よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。