--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-30

フリーエネルギー

2003年の秋だったと思います。
仕事を終えて帰宅した夜の8時頃、外階段の踊り場からふと外を見ると何やら大きくてキレイに光るものが浮かんでいるのが見えました。
白と緑と赤の電飾で飾られたフットボールのような形のものでした。
「わぁ~キレイ~!何だろう、飛行船かなぁ・・・。でも夜だし・・・。」

興味深々でずっと見ていたのですが、それは上にも下にも、右にも左にも動きません。
「ん~、飛行船じゃないのか・・・。じゃあどこかでお祭りでもやってるのかなぁ?」
でもその方角は住宅密集地で、とてもそんな大きな電飾を飾るスペースがあるようには思えません。

「う~ん、何だろう・・・。そうだ、誰か他に気づいている人はいないのかなぁ?」と思って地上を歩いている人々を見てみましたが、誰も気づいた様子はありません。
その時、ふと気付いたのです。「・・・この場所からしか見えないんだ・・・!」と。

そこはかなりの住宅密集地で、マンションも多く立ち並んでいました。その合間を縫って人口河川が流れており、その脇に小さな遊歩道が敷かれていました。その住宅の隙間からその光は見えていたのです。
地上の人からも、隣りのビルからも角度的に見えない・・・。
それに気づいた時に、「も、もしやこれはUFOってヤツでは・・・。」と思い、子供の頃に見たUFO番組を思い出しました。宇宙人にさらわれてマイクロチップを埋め込まれてしまう、というものです。
「さ、さらわれたらどうしよう・・・」と怖くなり、そそくさと部屋へ逃げ込みました。部屋の窓からはやはり角度的に見えない位置でした。

部屋に帰ってしばらくして落ち着きを取り戻し「誘拐するつもりならとっととしてたハズだな・・・」と思いもう一度その光を見に行くと、もう跡形もなく消えていました。

その後ネットやニュースで調べても、そんなお祭りをやっていた形跡も無く、そんな光を見た、との情報は見つけれられませんでした。そして飛行船はもっと細長いものだという事も分かりました。

今思えば、あれは「UFOはあるんだよ」と存在を確認させてくれたのだと思います。

去年、アポロの乗組員だった方がUFOの存在を認める記者会見をしています。
何故だか全く日本では報道されていないのですが・・・。
以前官房長官だった町村氏も「個人的には絶対にいると思う」と発言されています。


世界中で大勢の人がUFOを見ているのに、何故頑なに秘密にしようとするのか?
それは恐らく闇組織の石油利権が関わっているのだと思います。

以前「エーテル」からエネルギーを取り出して利用できる技術を開発した人は投獄され、資料を処分されてしまいました。

日本ではいまだに悪者扱いされている「麻」ですが、諸外国では嗜好品として解禁されていたり医薬品として使われてもいます。
麻は生育も早く、繊維からプラスチックを作る事もできます。もちろん衣料品などを作る事もでき、燃やしても有害物質は発生しません。
日本には「麻」という名のつく地名は沢山あります。東京の「多摩」も元々は「多麻」で、麻が多く茂っていたそうです。ちなみに北海道にはそのものズバリ「大麻」という地名があります。「おおあさ」と読むのですが、初めて目にする方はドッキリするみたいです。
神事などに使われているのも麻の繊維で、しめ縄などもそうですね。日本は昔から麻と深く関わっていたのですが、戦後GHQが無理やり「大麻取締法」を制定させて麻を悪者にしてしまいました。

ここに書いたのは数例ですが、結局は石油を売りたいが為に行われてきたのもなんだと思います。

以前書いた私の体験、みんなの「気」の力でふわ~っと浮いた、その時のエネルギーを科学的に開発されればもう石油は必要のないものになってしまいます。そしてそれは既に開発済みなのではないかと思います。

実際に大気中のフリーエネルギーを取り出し、供給している国もあります。
日本でも開発が進められているようですが、以前開発した会社の社長さんが忽然と姿を消してしまった、という事もあるそうです・・・。

UFOの存在を認めるという事は、このエネルギーを認めるという事に繋がるので、「そうはさせじ!」と石油利権に関わる闇の勢力が封じてきたのではないかと思います。

ケネディ大統領が暗殺されたのは、UFOの存在を知らせようとした為とも言われています。
そして今、オバマ大統領はこれをしようとしているのではないかな、と思います。

今日、こんなニュースがありました。

【ワシントン=山田哲朗】米国の有人宇宙探査計画を見直していたオバマ政権は、1960~70年代のアポロ計画以来となる月面探査計画を中止することを決めた。
 米メディアが28日、一斉に報じた。2月1日の2011年度予算教書に合わせて正式発表する。


現在NASAが行っている莫大な燃料を消費するロケット打ち上げはパフォーマンスなんじゃないのかな?本当は「宇宙エネルギー」を利用して宇宙に到達できる技術があるんじゃないのかな?と感じています。

これが認められれば、現在のエネルギー問題は解決されて大気汚染も無くなり、地球環境は良い方へと向かうと思います。
早く認められる日が来るといいな~。ワクワク。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。