--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-27

地球は一つの生命体

動物番組がスキです。
昔からムツゴロウさんは欠かさず見ており、スカパーに入っていた時にはほどんど動物番組しか見なかった。友人には「ムツ子」と呼ばれ、「ムツゴロウ王国で働けばいいじゃん!」と言われる始末。うん、それでもいいけど、今のムツゴロウさんにきっとそんな余裕はないのだろう・・・と断念。
そして色々見ているうちに感じたこと、「人間だけ異質だな」。ほとんどの動物はそこの環境に自分たちを適応させて生きているけれど、人間だけ環境を自分たちに適応させようとするんですよね。

「地球ガイア論」というものがあります。地球はそれ自体が一つの生命体で、きちんと意思を持っている、というものです。
海は地球全体の70%、ヒトの体も70%が水。地球全体の人口は62億、ヒトの細胞は60億。地球はヒトが成長するために与えられた星だとしたら、ちょっと地球はメタボ気味なんですね~。
知識は成長したけれど、精神は成長しないまま地球を汚し続けてしまった結果、「もうワタシダメですぅ~」と母なる地球が悲鳴を上げています。今まで私たちの我儘を受け入れてくれていたけれど、もう限界なんですね。

以前、ジャンガリアンハムスターを飼っていました。男の子なのにメリーちゃんと名づけ、可愛がっておりました。メリーちゃんはとっても元気で、日々ケージ内でのうんていを欠かさず、夜には回し車をシャー!っと回し、パトロールを欠かしません。マッチョ志向な彼でした。

≪マッチョなメリーさん、カメラ目線の図≫
メリーちゃん2


そんなメリーちゃんでしたが、老いには勝てず、少しづつヨボヨボしてきました。

≪メリー爺さん、みかんを召し上がるの図≫
メリーちゃん


そしてある夜、ご飯を全く食べていなかったので心配になり、「メリーちゃん、メリーちゃん」と呼ぶとヨボヨボとお家の中から出てきてくれました。もう目も開けられない状態で「ああ、きっともう最期なんだな・・・」と覚悟を決め、手のひらに乗せて背中をさすってあげると荒い息ながら気持ちよさそうにしています。
最期はお家でゆっくり休んでもらおうと思い、ケージに戻してあげました。覗いていると分かるのか、お家から出てきてしまうので、電気を消してベッドで眠れずにいると、突然家の中で「ミシッ!!」と大きく軋む音がしました。「ああ、今メリーちゃんは旅立ったんだな・・・」と思い、次の朝確認するとやっぱり亡くなっていました。

こんな小さなメリーちゃんでもこんな波動が出るんです。今まで大量生産と称して物質としてしか扱われなかった動物や植物の恐怖や怒りが蓄積して自然災害が起こることだってありうるんです。

じゃあ、これから私たちはどうすればいいんですか?っていうのは一人ひとりが良く考えて決めるべきだと思うのです。
「自分一人が何か思っても世の中変わる訳がない」と思う方がいらっしゃったら、敢えて言います。

そんな事は絶対にありませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

メリーちゃん 久しぶりの愛らしいお姿拝見!!
やっぱり かわいいねぇ
ちっちゃくって、ふわふわだったし♪

sadaさんへ

フフフ、やっぱり可愛いでしょ~(←親バカ)
ちっちゃいながらも色々教えてくれたメリーちゃん、初登場の巻でした。(最初で最後かも・・・)

No title

可愛いらしいメリーちゃんのお姿に、癒されました。

動物って当たり前ですが、霊的存在なので視ているだけでも癒され、触っているとホッとしますね。

幼い頃、両親におねだりして柴犬のメスを買ってもらったことを思い出した。

私の母は、「犬猫を飼うのが嫌なのは、死を看取るのが辛いからよ」と言ってました。
その母に、結局は看取らせてしまい、今は感謝とともに、母と犬へ懺悔の気持ちでいっぱいです。

人間の勝手でペットや家畜が工業製品のように大量生産され、人間の勝手に生き死にさせるのは、宇宙の法則に反しているような気がします。

動物に限らず、農業生産される植物も、宝石を含む岩石などの鉱物、土地についても、きっと同じですね。

「命の尊厳」について考えさせられました。
自分や家族だけでなく、周囲の人間、動植物にまで意識を広げて、毎日を大事に生きて生きたいです。

長文を読んでいただいて、ありがとうございます。

浜Qさんへ

> 可愛いらしいメリーちゃんのお姿に、癒されました。
ありがとうございます!メリーちゃんもきっと喜んでいますv-522

> 私の母は、「犬猫を飼うのが嫌なのは、死を看取るのが辛いからよ」と言ってました。
お母様は動物がとてもお好きなのでしょうね。
私の親もそう言って動物を飼う事を許してくれませんでした。
亡くなってしまうのはとても悲しいですが、それ以上に幸せをくれるのですよね。今はウサギといっしょに暮らしていますv-530

ヒトが全ての物を支配していい訳がないし、できる訳がないんですよね。
先住民族と言われる方々はみんなその事を知っていて、きちんと先人の教えを守ってきたんだと思います。
そろそろ先進国で暮らしている私たちもそれを思い出す時なんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。