--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-28

全ては光

「全てのものは光でできている」というのは昔から精神世界の本を読んでいると必ず出てくるものでした。
最初は「んんん・・・良く分からん・・・」と思っていたのですが、最近やっとああ、そうなんだと思えるようになりました。

最近では科学者の方もこれを唱えている方が多いんですよ。プラズマであったり、静電気であったり、表現は違っても結局みんな全ての源は「光」というものが多いんです。そして科学者でありながら精神世界についての本を書いている方もいらっしゃいます。

やっと科学と精神世界が融合される時代が来るんだな~、と感じています。

イエス・キリストの肖像画を見ると頭の上に丸い光の輪がありますね。天使も頭に丸い光の輪があります。
仏画にも後ろに光がありますね。後光というものです。

何でこんなものが描かれているのかというと、こういった徳の高い存在=波動の高い存在というものは実際に光り輝いているんだと思うのです。

人でも「オーラがある」という人は実際に光っているのだと思うのですよ。通常私たちには見えないだけなんですね。というか、みんなオーラは持っているんですが、それが特に大きく光っている人なんだと思います。

何かに一生懸命な人は「輝いている」って言いますが、実際その通りなんでしょう。

多分、徳が高くなれば波動も高くなって次第に光が強くなっていくんだろうな。そういう人ってきっと「他人の喜びは自分の喜び」というスタンスで生き続けているんだろうなぁ。

ここの所「個人主義」というものがはびこっていましたが、これからはみんながこれに気づいてみんなピカ~!っと光っていくんだろうな~ワクワク。

明日から3月。そろそろ雪も溶けてきましたよ。春になったら野菜を育てよっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。