--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-27

オルガンコンサート♪

先週の土曜日、パイプオルガンのコンサートへ行ってきました。

ここのコンサートホールに初めて行った時、どーん!とそびえるパイプオルガンを発見して
「すんごいパイプオルガンがあるっ!!これは是非一度聴かなければ!」と心に決めていました。

曲目は

J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564

メシアン:天上の宴

フランク:前奏曲、フーガと変奏曲 作品18

メシアン:永遠の教会の出現

J.Sバッハ:シューブラー・コラール集より
目覚めよ、と呼ぶ声あり BWV645
われいずこに逃げ行かん(わが愛する神に) BWV646
ただ愛する神の摂理にまかす者 BWV647

J.アラン:
幻想曲 第2番 作品73
アリア
リタニー 作品79

おや、最近ピアノバージョンをお聴きしたフランクさんの曲が混じっていますね・・・。
オルガンバージョンもそれはもうステキなものでした。

メシアンではちょっと遠くの世界へ誘われてしまいそうでした・・・。
いえ、目を閉じてみただけですよ・・・。ちょっと曲にのって揺れてしまっただけですよ・・・。
だって、荘厳すぎるんだもん。

バッハになると、何だかホッとしました。(メシアンファンの方、ごめんなさい)

パイプオルガンの生演奏を聴くのは初めてだったのですが、オルガニストさんの足捌きに脱帽!
両手だけでも多声の曲を弾くのは大変なのに、足まで使うなんてぇ~!とただただ呆然としてしまいました。
それに、パイプオルガンってあんなに多彩な音色が出るのですね!
美しいフルートのような音だったかと思うと、かわいらしいオカリナのような音になったり、ブォー!っとホルンのような音だったり・・・。やっぱり凄い楽器ですね!
会場全体にビリビリと音が響きわたっていました。

こちらのホールでは1年ごとに専属のオルガニストさんが交代するようで、今回は新任の方に交代後の初リサイタルでした。

フランスからやってきたスラリというか、ヒョロリと背の高い男性。
演奏が終わって、覚えたての日本語でご挨拶して下さいました。
「ミナサン~、キョウハ~、オコシイタダキ~、アリガトゴザイマス」
一生懸命、練習したんだね、という微笑ましい日本語。
アンコールの時
「デハ~、ショパンノ~%$#○×ヨンバンデス~」
・・・一部流暢すぎて聞き取れませんでしたが、プレリュードの4番でした。
オルガンバージョンもステキでしたよ。

それにしても、是非パイプオルガンを近くで見てみたい!
時々見学会のようなものをやっているらしいので、絶対に見に行こう!と心に決めました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

パイプオルガンの生演奏ってまだ聴いたことがないですが、魅力的な楽器ですよね~i-233
以前習っていたピアノの先生が、パイプオルガンを習ってらしたのですが、「今、何の音を弾いてるのか分からなくなってしまい、演奏するのがとても難しい」って仰ってました。
パイプオルガンでのプレリュードの4番ってどんなだろう~
聴いてみたいですi-176

aliceさんへ

ピアノの先生でも演奏は難しいなんて、パイプオルガンの世界は奥が深そうですよね。
これからクリスマスシーズンで、パイプオルガンの公演がちょくちょくあるのでまた行きたくなっちゃいました。ちょっとハマり気味です。
aliceさんも是非一度行ってみてくださいね。ステキですよ~。

No title

パイプオルガンのコンサートなんて、いいですね!
前から一度、聴きに行ってみたい!と思い続けてますが、
未だ機会がなく、実現してません。
(探せばあるんでしょうけど)
Soleilさんに弾いていただきたいです。

プレリュード4番は、確か、ショパンの葬儀のときにオルガンで
演奏されたって話ですよね。
それを聞いて、僕もたまにオルガン音色で弾いてますが、
すごく、ぴったりです。
左手和音は拍ごとに叩くと、うるさい気がしてしまうので、
僕は小節の間、伸ばしてますが、どのように弾いてましたか?

紅葉狩り&ジンギスカン・・・うらやましい!!!

No title

先日の鍵盤楽器色々のコンサートでジローさんデビューしてました。
コンド ワタシノ オルガン コンサト アリマース ゼヒ キキニキテクダサーイ
と言ってました。
私は前のオルガン奏者(女性)の時に聞きに行きましたが、荘厳な音色に感動しました。

dyneさんへ

パイプオルガンのあるホールってあんまりないんでしょうかね?
ここのホールはわりと新しくって、音響もとても良いのですよ。
パイプオルガンの音色はとっても癒されますよ~。是非一度聴きに行ってみてくださいね!

プレリュード4番の左手は和音を伸ばしていました。
そして途中から足でもっと低い音で静かにベースラインを刻んでいきました。
・・・手が3本無いとできないですね。
あっ、でもdyneさんはエレクトーン出身者ですよね。エレクトーンなら可能だと思いますよ~。

sasayan.さんへ

sasayan.さんもパイプオルガン聴きに行かれてたんですね。
クセになる音色ですよね。
あんなに響くんだな~とびっくりしました!

はじめまして♪

 Soleilさん はじめまして、コウと申します。

 私の家は貧乏で 子どもの頃ピアノを買ってもらえなかったのですが、代わりに電気オルガンのかなり音の良いものを親に買ってもらいました。
そのせいか、私はオルガンの音色は今でも好きです。
中世のころはオルガニストであるということは非常に名誉なことだったと聞いております。私は下手な演奏でバッハ師匠を怒らせてしまったので、なれません(≧◇≦)

 これからもよろしくお願いします。
 ではまた☆

コウさんへ

はじめまして。お越しくださってありがとうございます!

ピアノの代わりに電気オルガンで始めた、という方も多いですよね。
ピアノとは違った優しい音色で癒されますね~。
オルガンでバッハ、いいですね。
私もたまにデジピでオルガンやチェンバロの音にして遊んでいます。

こんなブログですが、また遊びに来てくださいね~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。