--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-22

見えないけれど・・・

10年以上前に東京で一人暮らしをしていた時のお話です。

当時住んでいた部屋は2階建てアパートの2階の角部屋。駅からちょっと遠くて狭いけれど、キレイだし日当たりの良い所だったので結構気に入って暮らしておりました。

その頃はシフト制の仕事をしており、結構遅くまで起きている事が多くありました。

ある日の夜中1時頃でしょうか、屋根の上から何やら音が・・・。例えて言うならカラスが屋根の上で歩いているような音です。「こんな夜中にカラスはいないだろうし、何の音だろう・・・。まあ、いつか収まるでしょ。」と思っていました。でも全く収まる気配は無く、怖くなってきたので当時の彼氏に電話をしました。

私「何か音がして怖いんだよね・・・」
彼「気のせいだよ。もう遅いから寝ろよ。」

電話を切り「うん、そうだよね、気のせいだよね・・・」と思うようにしたのですが相変わらず「カシカシ」という乾いた音が続きます。「まさか屋根に誰かいるの・・・?」でもここは2階だし、ベランダも無いから大丈夫だよね・・・とビクビクしているとブラインドの隙間から「シャッ!」と何か動くものが見えました。
「ヒィィ~~!!で、でも鍵がかかってれば大丈夫・・・って!!鍵、かかってないじゃん!! 

昼間窓を開けたときに鍵をかけ忘れていたようでした。大至急鍵を閉めましたが、心臓はバクバクです。心を落ち着かせるのにしばらくかかりましたが、気づくとさっきまでの「カシカシ」という音はしなくなっていました。

「音もしなくなったし、そろそろ寝よう」と思ったその時です。「ピンポーン」とチャイムが鳴りました。
「えっ、こんな時間に誰・・・?」こんな時間に来るとしたら酔っ払った彼氏くらいしかいないけど、さっき電話した時は家にいてシラフだったようだったのでそれは無いだろう・・・。それに必ず事前に電話してから来るし・・・。以前知らないオッサンに車でアパートの前まで着けられた事があったので、「ま、まさかアイツじゃないでしょうね・・・」と不安増大。
「でも、鍵がかかっていれば大丈夫・・・って、 !!鍵、かかってないじゃん!! 

なんと玄関の鍵もかけ忘れていたのです。目にも止まらぬスピードでダッシュ!!鍵をかけ、まだ猛ダッシュで部屋に戻りしばらくブルブル震えていました。覗き穴から確認する勇気なんてとってもありません。

私の部屋は1つしかない外階段で2階に上がってすぐの角部屋で、誰かが階段を使えば必ずその音が聞こえます。廊下を歩く音も静かにしていれば聞こえます。
「は、早く立ち去ってくれよぉ~」と思っていたのですが、一向に立ち去る音が聞こえません。再度ピンポンが鳴る訳でもなく、ドアをガチャガチャする訳でもない。

数十分耳をそばだてていましたが、結局人の気配は感じられず、心臓のバクバクも収まって冷静になると「もしかしてこれは、見えないけれど誰か親切な方の仕業では・・・」と考えました。

次の日職場でこの話をすると、「あぁ、守られたんデスね」とあっさりと認めてくれる子が。「やっぱり・・・そうだよね!どなたか存じませんが、ありがとうございます」と確信したのでした。

「・・・やっぱり見えない世界ってあるんだな。でも、どこにあるんだろう?」と疑問を持ちつつ、長い間暮らしてきました。

という事で、次回は見えない世界のことを書こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

わたしも 全く同じ経験したことあるので、
逆にビックリしていましたv-237
今のこのマンションです。
不思議な事って、あるよねぇ

sadaさんへ

同じことがあったんだ!私もびっくり~v-363守られたねv-411
いい所に引っ越して良かったね~。

はじめまして。

はじめまして、megminさんのブログ拝見してまして初めて伺いました。びっくりしました。私も小学生の頃、同じような経験を実家でしました。夜に二階の窓を爪でコツコツと突く音がしばらくして、怖かったですが覗いたらシュッと一瞬何か見えました。窓を開けても誰も居なかった。見えない何者かのいたずらかと思ってきましたが、soleilさんの「守られた」という解釈に驚いています。もしよろしければ、守られた…とはどのような事か教えて頂けないでしょうか?私にとっては後にも先にも唯一の不思議体験なので気になりました。突然すみません。これからも拝見させて下さいね。よろしくお願いします。

ともろさんへ

はじめまして。お越し下さってありがとうございます!

「守られた」というのはですね、鍵をかけ忘れた私に見えない誰かが「不用心だね、泥棒入っちゃうよ」と教えてくれて泥棒から私を守ってくれたんだと思うんです。
それが無ければ単なるイタズラかな?とも思うんですけどね。

それにしても、同じような体験をされている方って結構いらっしゃるんですね。私もびっくりしました。

良かったらまた遊びに来てくださいね。こちらこそ宜しくお願いします。

ありがとうございました♪

soleilさん、お返事ありがとうございます。なるほど、そうだったのですね!きっとその時はとても怖かったんでしょうけれど今思えば有り難い出来事ですね☆私も当時の事は良い方に捉えようと思います。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。