FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-26

ニュース裏読み

ニュースの裏を読んでみよう!

首相は、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、小沢氏に「どうぞ戦ってください」と発言したことについて、「幹事長が『断固戦う』ということに対し了としたのであり、撤回する類のものではない」と述べた。

いつまでも上げ足を取っている様ですが・・・。鳩山首相は今戦うべきものは「闇の組織」だとご存じなんだろうと思います。前述しましたが、これは政権のイメージダウンを狙っているものだと思われます。なので無意識にこういった発言が出てしまったのではないでしょうか?

日米安保条約改定署名50周年で両国が発表した共同声明をめぐり、米政府が事前に、首脳同士ではなく外務・防衛両閣僚の連名に「格下げ」するよう日本側に打診していたことが分かった。

前回の選挙でアメリカの手先・自民党が大敗し、日本の首相はもはやアメリカの犬ではなくなってしまいました。オバマ氏も闇の組織に反対しているので、重要文書の作成を閣僚レベルに引き下げるように提案してきたのだと思います。

去年の12月に小沢氏が600人以上の人々を引き連れて中国を訪問しました。
尋常ではない数ですね。これは尋常ではない事が起こっているのだと示しています。これは闇の勢力に対するアジアの連携を深めるためだと思います。

「外国人参政権法案」
もしもこのまま経済状況が良くならなければ「やっぱり民主党じゃダメだね。長年やってきて良く知っている自民党がいいんじゃないの?」と国民が思ってしまったら大変です。またアメリカの犬に逆戻りしてしまいます。もしもの時の為に同じアジア人の力を借りようとの事なのでは?


・・・と、これは私の想像です。
「今行われているのは対・闇の組織」と考えるとこのようになりました。

アメリカの大統領は基本的には「闇の組織」の後ろ盾がないと当選できないそうです。オバマ氏もそうやって当選しましたが、組織の意向に反し戦争には反対しているため、暗殺されかかっています。

以下は去年(2009年)の4月に起きた大統領専用機が超低空飛行をした記事です。

【ワシントン8日共同】米大統領専用機「エアフォースワン」がニューヨーク・マンハッタン上空を低空飛行し、一部市民がパニックに陥るなどした責任を取り、専用機の運用を担当するホワイトハウスのカルデラ軍務室長が8日、辞表を提出した。ギブズ大統領報道官が声明で明らかにした。

 専用機は4月27日、マンハッタン沖の島に立つ自由の女神像を背景にした広報用の写真を撮るため、F16戦闘機2機を伴い高度約300メートルを飛行。航空機が世界貿易センタービルに突入した2001年の中枢同時テロの記憶が残る市民が、ビルから避難するなどの騒ぎとなった。

 オバマ大統領は搭乗しておらず、事前に報告も受けていなかったため激怒したという。撮影飛行にかかった費用は合わせて35万7012ドル(約3515万円)で、うち大統領専用機分は約30万ドル。

 ホワイトハウスが公開した報告書によると、軍務室長は専用機の飛行について連邦航空局(FAA)とは調整していたが、ホワイトハウスの他部署への連絡を怠っていた。(共同通信)


「広報用の写真を撮るために」って、ちゃんちゃらおかしい言い訳ですよね。
本当はこれにはオバマ氏が乗っており、撃墜されそうになりマンハッタン上空に逃げ込んだのです。これならあからさまに撃墜できませんからね。そして軍の室長がクビになりました。

借金を苦に家族を殺し、自分は死にきれなかったという事件が今日もありました。自殺者も増加して社会問題になっています。失業してホームレスになってしまった方も大勢いらっしゃいます。
こういったニュースを見て思います。何故誰にも頼れなかったのか?と。借金は、極端な話、自己破産してしまえばいいんです。身寄りの無い方もいらっしゃると思いますが、せめて屋根の下で眠らせてくれる友人はいないのでしょうか。

行政が何か行うよりも前に、個人レベルでの繋がりを回復しなければいけないのでは?と思います。

オバマ氏のように命がけで戦っている方は沢山いらっしゃいます。
友人一人を助けるくらいは私たちにもできるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。