--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-25

今を生きる

やっとスケ熱が治まりましたよ。う~ん、ちょっと長かったなぁ。

さてさて先日、聖路加国際病院理事長の日野原重明さんをテレビで見ました。

「元気なおじいちゃまだなぁ~」と思っていると、何と98歳!?えええぇぇぇぇ~~~!!
だって、立ち姿もシャッキリ!もちろん頭の回転も抜群!す、すごい・・・。そして何と言っても笑顔がまぶしい!
現在も病院内で回診を行い、患者さんの手を握り締めて元気づけているそうです。白い巨塔とは真逆ですね~。

そして全国各地の小学校で「いのちの授業」というものを行っているそうです。小学生に命の大切さを語りかけるのですね。スバラシイですぅぅぅぅ~。

音楽への造詣も深く、ピアノを嗜んでいらっしゃるそうで、「手が大きいですね~」と言われ、「うん、ポロネーゼなんか弾く時にいいんだよね」なんておっしゃっていました。後で調べると、日本音楽療法学会の理事もされているのですね。音楽療法士は日本ではまだ国家資格として認められていないので、認定されるように働きかけているそうです。

それにしても、テレビを通しても隠しきれない癒しのオーラ!すごすぎるぅ~。何かね、ピカ~って光ってるんですよね。いえ、実際見える訳じゃないんですけど・・・。でも多分いつまでも他人の上げ足を取っているような政治家と並べちゃったら、きっとホントに光ってるのが分かるのかも。

日野原先生も世界平和を熱心に考えていらっしゃる方のようです。
そのテレビを見ていた時に一番印象に残ったお言葉「みんな今を生きていないんだよね」。
私が最近よく耳にしたり目にしたりする言葉だったので、「あっ、まただ」と思ったんです。

最初は「えっ、生きてるのは今だけど・・・?」と思ったのですが、後で知ったこの言葉の意味する事というのは「みんな過去に囚われて未来を案じている。つまり、今をきちんと見ていない」という事だったんですね。

みんな一人ひとり経験してきた事は違っています。その個人的な経験を元に未来を勝手に想像して心配したりしてしまうんですね。未来の事なんか、いくら考えたって分からないじゃないですか。極端な話、明日事故で亡くなってしまうかもしれないし、120歳まで元気に生きられるかもしれない。「何歳で何をして・・・」なんて計画する必要はないんじゃないのかな?「今」本当に楽しい!と思えていれば、きっとずっと楽しいんだろうな~って思うのですよ。

日野原先生を見て、「きっとホントにそうなんだ」とつくづく思いました。

みんな楽しい毎日を送っていれば、世界中に「楽しい!」が蔓延して本当に楽しい世界が出来上がる・・・。
そうなるといいなぁ~。

2010-02-22

助兄ィ発熱!

金曜日から発熱してしまいました。
フウフウと週末を過ごし、今朝やっと下がったなぁ~、と思ったらまた上がってきちゃった。

先週頂いた酵母ちゃんでパンを焼こうと思っていたのにな。体が痛くて断念だ・・・。
あ、酵母ちゃんはとっても元気です!パン種ちゃんも順調です!ありがとう、パンの神様・・・

何だろう、助兄ィを一生懸命練習しすぎたんだろうか・・・?
とりあえずスケ熱と命名しておこう。

んでは本日これにてドロン

2010-02-18

父、帰還!

先日入院した父が無事に退院しました。
皆様、お気遣いありがとうございました。本人、いたって元気であります!何だか悪いモノが出てスッキリしたみたいです。そしてまた元気にお菓子をポリポリ食べております・・・。

・・・とご報告ついでに今日も衝撃映像を一つ貼っておきます。

以前ショパンエチュード10-4を練習していた時に見つけました。
20世紀の偉大なるピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテルさんの演奏です。




早回し疑惑が起きるくらいの超速演奏!
ありえん!こんな速さ、ありえん!ハンカチポイッ!って!(←関係なし)
でもこの人ならありえる・・・。

2010-02-17

心の目

以前、盲目のピアニスト・辻井信行さんのドキュメンタリーを見たときに、こんな場面がありました。

お母さん「ほら、ノブ君、タンポポだよ」
ノブ君、タンポポに歩み寄り「わぁ~キレイ~」

お母さん「ほら、ノブ君、クリスマスツリーだよ」
ノブ君、大きなツリーを見上げ「わぁ~キレイ~」

その後、インタビュアーの方に「辻井君の心の目では何が見えてるのかな?」と聞かれ、「う~ん、僕は・・・人が見えないものも見えている・・・のかな・・・?」とお茶を濁すようなお答え。

きっと彼は私たちが見えないものを見たり感じたりできるんだろうな、って思うのです。

そして各所に衝撃を与えたカツァリスさんも、きっと私たちには見えないものが見えているんだろうな、って思うのですよ。何かはわかりませんが・・・。

良く「あの人にはオーラがある」って言いますよね。オーラっていうのは目で見えるだけじゃなっくって体で感じる事もできるそうです。辻井クンはそれを感じているのではないのかな?

ちなみに、ある程度訓練をすればオーラを見る事は誰にでもできるのですよ。手をボールを掴むような形にしてぼんやり眺めていると、手の周りから光が見えてきます。普通に物体を「見る!」っていう感じじゃなくって、いつも焦点を合わせている部分より後ろ側で見る感じにします。マジカルアイってありますよね。幾何学模様のようなものを見ていると突然立体画像が見えてくるヤツです。感覚としてはそれと同じ感じです。普段は使われていない「周辺視野」という部分を使って見ているのだそうですよ。

オーラが見えたからって別にどうという事はないんですけど、集中力はつくと思うんです。「集中とリラックスは同時に訪れる」って言いますよね。それが起こってるんだと思います。
もし興味のある方は寝る前にでもちょっとずつ試してみてはいかがでしょう?よく眠れる効果もあるのかも。

でも、これをしている時は誰にも見られない方がいいと思います。多分目がいっちゃってる人になると思うので、ご注意ください。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

先日の練習会で助さんを弾いていた方がいらっっしゃったので、「ウ~ム、私も助兄ィが弾きたくなっちゃったなぁ~」とyou tubeを検索しているとまた見つけちゃったので貼っておきます。いえ、とっても好きなピアニストさんなんですよ、ホントに。

フランスの篠山紀信ことシプリアン・カツァリスさんの演奏で
ショパン作曲 助兄ィことスケルツォ2番です。どうぞ!!



ところてん♪ところてん♪ の部分、誰かいるんですかぁぁぁぁ~~~!!!

2010-02-16

レッツ妄想!

昨日の練習会でムフ~ン!とシューソナを練習していると、後ろからカツァリスさんの顔芸の話題がうっすら聞こえてきました。

初めて見る方にはある意味衝撃!のシプリアン・カツァリスさんの演奏。
はい、ど~ん!



確かに、別枠で顔の表情を映されるのは彼だけかもしれませんね。


でもこの曲をこの速さで&滑らかに&華麗に弾くためにはこのくらいトランス状態にならないと無理なのかも、って思うのですよ。私ですか?こんな速さで弾けるわけないじゃないですか!(←威張るなっての)
(この曲、ショパンの曲の中でも特に激ムズの部類です)

以前、スーパーピアノレッスンだったのかな?そういった番組でのレッスンの様子を見たことがありますが、やっぱりイメージすることを大切にといった内容でした。技術的な部分の練習方法も具体的に指導されていて、「ああ、この人のレッスンが受けられるものなら受けてみたいなぁ~」と指をくわえて見ていました。

音楽を専門的に勉強する時って、ピアノ専攻であっても歌のレッスンはあるんですよね。それってきっと呼吸するタイミングなんかを体で感じるためなんだと思います。ピアノって呼吸はどうでも音だけ鳴らすことはできちゃいますからね。

フレーズっていうのは言葉とか文章の単位なんだろうな、って思うのですよ。歌と同じなんですね。
「どうもイメージが掴めん!」という時にはメロディーに歌詞をつけてみたりするといいのかも。

「技術的にはいい所までいったけど、何だか行き詰っちゃったなぁ~」という時って、多分こっちのイメージ力が問題なのかもしれないな~と思います。

さあみなさん、恥ずかしがらないでレッツ妄想!ビバ妄想ですよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。